クラウドワークス エンジニアブログ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」の開発の裏側をお届けするエンジニアブログ

markuplintをプロダクトに導入してみた

こんにちは、こんにちは。フロントエンドとWebの可能性を信じる@yamanokuです。
最近気になっている W3C Working Draft はCSS Nesting Moduleです。*1

現在クラウドワークスのプロダクトで導入されているフロントエンドのlintツールはeslint、stylelintで、これらの規約に違反しているコードはCIによるチェックを通じて指摘されるようになってます。

今回このlintツールの中に新たに「markuplint」を追加した話をしようと思います。

続きを読む

駆け出しエンジニアの僕が「Slackへのグラフ定期ポストを自動化する」を誰でも簡単にできる仕組みを作った話

f:id:maru_0813:20210819183624p:plain

初めに

初めまして@maru_0813 と申します。 2021年1月まで約5年間、営業やキャリアアドバイザーを経験し、この度ジョブチェンジした駆け出しエンジニアです。

早速ですが、
Slackへグラフ定期ポストを自動化するGASの実装方法は、調べればいくつか記事が出てくるかと思います。
今回の内容は、組織に多く在籍している非エンジニアの方向けに、さらに全社展開を目的とした内容になります。
@ouraが以前投稿している記事のアップデート版になります。

続きを読む

生まれ変わったログインページにまつわるフロントエンド開発の話

生まれ変わったログインページにまつわるフロントエンド開発の話

こんにちは!クラウドワークスで引き続きフロントエンドとWebの可能性を模索し続けている @yamanoku です。

最近の取り組みとして、この度「デザイン基盤整理」という有志活動の中でログインページを刷新しました。

Before

スクリーンショット:リニューアル前のログインページ

After

スクリーンショット:リニューアル後のログインページ

以前はPC・モバイル画面それぞれ定義されていましたが、今回の改修でレスポンシブ対応したモバイルファーストな改修になりましたね。

今回はその刷新した取り組み・内容についてをフロントエンドの観点から紹介してみようと思います。

8/25 更新:デザイナーブログも公開されましたのでこちらも合わせてご覧ください。 note.com

続きを読む

MySQLの約30億レコードをRedshiftにDMSでニアリアルタイム同期した

f:id:kangaechu:20210802164519p:plain

概要

こんにちは。クラウドワークス SREチームの@kangaechuです。最近好きなラジオ番組は空気階段の踊り場です。

企業にとってデータは非常に重要です。さまざまなデータを組み合わせて分析を行うことにより、ユーザをより深く知ることができ、それによりサービスやビジネスモデルを継続的に変革することが可能になります。 クラウドワークスでも同様に、施策やマーケティング、新サービスの開発など、さまざまな取り組みの源泉としてデータを活用しています。 crowdworks.jpではマスタデータベースにAWS RDSで稼働するMySQLを使用し、分析系のデータベースにはAmazon Redshiftを使用しています。Redshiftに同期されたテーブルは約270テーブル、レコードにして約30億件あり、1か月に1.5億件のレコードが同期されています。 今回はMySQLからRedshiftへの同期の仕組みをAWS DMS (Database Migration Service)を使用して再構築しました。 この記事ではDMS移行の手順とTipsについて紹介します。

f:id:kangaechu:20210803150853p:plain
概要図

続きを読む

© 2016 CrowdWorks, Inc., All rights reserved.