読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウドワークス エンジニアブログ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」の開発の裏側をお届けするエンジニアブログ

Rails4へ移行しましたのご報告とブログ連載のお知らせ

Rails4移行

Railsをアップグレードするということ

f:id:koichiroo:20160706175639j:plain *1

大場です。

先週はRails5リリースされたように大きな動きのあったRails界隈ですがいかがお過ごしでしょうか。

2016年3月に弊社セミナールームで開催したRails Upgrade Casual Talksの中でも話題にしていたようにCrowdWorksでは、Rails3からRails4へのアップグレードに取り組んでいました。

Rails5がでたところ今さら感も漂いつつあるかもしれませんが、さる2016年6月13日からCrowdWorksはサービス全体がRails 4.2.6で稼働していますことをここにご報告いたします🎉 *2

根幹となるフレームワークを古いまま使い続けることは、洗練された記法が使えなかったり、高速化最適化が進んだモジュールが使えなかったり*3、周辺gemの対応についていけずに置いていかれるリスクなどが負債となって積み上がっていきます。また、セキュリティの問題が修正されなくなるリスクもあるため長い目でみてユーザーに不利益になり、生きたサービスを開発し続けるためにはフレームワークのアップグレードが不可欠と感じています。

CrowdWorksがやったこと

稼働中のサービスのRailsをアップグレードするということは、単に bundle update するだけでは終わりません。ましてやCrowdWorksのような10万行を超えるサービスの中心となるフレームワークを更新していくことにはいくつもの課題があります。社内では「車を走らせながらエンジンを取り替えるようなもの」と課題の大きさを比喩しています。

稼働したサービスを止めずにRailsのアップグレードをするにあたって、段階的な移行を実現するためにRails3とRails4が共存できる環境を構築しました。これによってサービスの特定の機能だけRails4にして公開することが可能になります。問題の発生箇所を絞り込んだり、即座に切り戻しできたり、いちどにたくさんの(制御しきれないほどの)問題が起こることを避けることができました。

このような取り組みのお陰で大きな障害を出すこともなくユーザーへの影響も最小で移行しています。その他、実際にどういう課題に取り組んでどう解決していったかというお話は次回以降に取り上げていきます。

これからのコンテンツ

Railsアップグレードを行って得た知見を開発メンバーが各々の視点からブログを書いてゆくシリーズをはじめます。今週から来週にかけてRails4アップグレード記事を公開していきますのでおつきあいくだされば幸いです。

これらはきっとRails5へのアップグレードへの対策としても役に立つことでしょう。CrowdWorksエンジニアブログの更新をお楽しみに! 🏃💨💨💨

公開済みの記事

engineer.crowdworks.jp

engineer.crowdworks.jp

engineer.crowdworks.jp

engineer.crowdworks.jp

engineer.crowdworks.jp

engineer.crowdworks.jp

*1:OGP画像: https://www.flickr.com/photos/blue_quartz/2413163162

*2:Rails5リリースよりはぎりぎり先に移行できたということでご容赦を...

*3:遅くなることもママありますが

© 2016 CrowdWorks, Inc., All rights reserved.